代表挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこを見る?中古車選びで注意するポイント


どこを見る?中古車選びで注意するポイント

中古車には、新車同様に状態のよい車もあれば、売り物と呼べないほど粗悪な車もあります。
そのため、中古車を購入する際には状態チェックを慎重に行う必要があるのです。

中古車選びの際に特に注意したいポイントをご紹介していきます。





車情報の確認


まずはその車の情報を確認しましょう。
特に注意したいのは「走行距離」「年式」「修復歴」です。

車は走行距離がかさんだり年式が古くなるほど、どんなに丁寧に利用していても劣化は進んでいますので、走行距離が多かったり年式の古い車には注意です。

修復歴については「事故がありました」と公表しているようなものですので、要注意です。
この辺はコストとの兼ね合いになってきますが、質の良い車を選びたいのであれば、走行距離が少なく、年式が新しく、修復歴のない中古車を選ぶことをおすすめします。


整備履歴


車検や法定点検の記録が書かれている「整備履歴」を確認しましょう。
整備履歴がある車はプロの整備が施されていた車となりますので、一定の品質は保障されていると言えます。

逆にどんなに見た目が綺麗でも整備履歴が無い車は、目に入らない所に問題を抱えている可能性が疑われます。


凹み、傷など

どこを見る?中古車選びで注意するポイント

凹みや傷の多車は前オーナーの扱いが酷かった疑いがありますし、見栄えも悪く後に売却する際にもリスクとなります。
そのため、ボディや外装パーツなどの凹みや傷をよく確認しましょう。

確認する際には、目に見える凹みや傷も勿論ですが、修復した痕跡がないかをチェックするのも大切です。
ボディ本体に大きな損傷があった車以外は、過去に修復が行われても「修復暦あり」にはなりません。
バンパーや外装パーツの修復はもちろん「修復暦あり」とはなりません。

言ってしまえば「修復暦なし」の車であっても、過去に酷い扱いをして修復を行った車も存在するということになります。

修復暦なしの車であっても、その車がどんな扱いをされていたかを確認する為に、修復した痕跡をしっかりと確認しておく必要があります。


タイヤ


タイヤの傷や減りを確認しましょう。
タイヤは前オーナーの走りが顕著に現れる場所ですので、傷が多かったり不自然な減り方をしている場合は要注意です。

またタイヤ溝が無くなっている車ですと、購入後直ぐにタイヤ交換が必要となり出費もかさむ場合がありますのでその点も踏まえてよく確認しましょう。


内部系統


エンジンや排気系など内部系統も確認しましょう。
エンジンを始動しボンネットを開けて、音を確認します。
カラカラカラ、キュルルルなど不自然な異音が聞こえる場合はエンジンに問題がある可能性があります。

またマフラーからの排気音が異質な音であったり、黒煙や大量の煙が出ている場合は排気系に問題がある可能性があります。


内装

どこを見る?中古車選びで注意するポイント

内装のチェックも行いましょう。
表面的な汚れや傷ではなく、ハンドルやパネルに変形がないか、運転席シートの座り心地はどうかなどを確認します。

特に運転席周りのパーツの劣化が激しいと、かなり長く走行した車と言えますので車全体が劣化している可能性があります。


走行面


可能であれば試乗をして走行性を確認しましょう。
試乗の際に操縦性に問題はないか、エンジンに異常な異音や騒音はないか、アクセル・ブレーキはしっかりと利くかなどを確認します。

ただ走行性は車の特性もありますので専門家でもない限り、100%解析することは難しい部分です。
そのため「明らかにこれはおかしいな」と感じる点がないかといった視点で確認するのが良いでしょう。

中古車選びの際はこのようなポイントを重点的にチェックするのが望ましいです。
ぱっと見、目に付く部分は綺麗にしているが中身は粗悪な中古車は数多く存在します。
表面的な部分に惑わされずしっかりとその車の本質を見極める事が大切です。
  • PAGE TOP