代表挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

普通車と軽で違う、車購入に必要な「印鑑登録証明書」について


普通車と軽で違う、車購入に必要な「印鑑登録証明書」について

中古車を購入するにあたって、手続きの一環で「印鑑証明書」が必要になってきます。
この印鑑証明書とは何なのか、また普通車と軽での手続きの違いについてご紹介していきます。




1.印鑑証明書とは


「印鑑証明」とは、自身の印鑑を公的に登録しそれが自分の印鑑であると証明するための書類です。
登録した印鑑は「実印」として扱われます。

印鑑証明書は、印鑑を市町村の役場に提出・登録することで入手出来ます。
登録する印鑑は、シャチハタや100円ショップで購入できる安い印鑑では登録できない場合があります。
印鑑店などで実印用のしっかりとした印鑑を作ってもらうようにしましょう。
なお印鑑証明書は、車の購入時だけでなく車の廃車や車の名義変更時にも使用します。

2.普通車を購入する場合


普通車は、家や土地などと同じく「資産」として扱われます。このため車を購入する際には資産として登録が必要です。
国土交通省(陸運局事務所)に向けて登録手続きを行うこととなり、この際に印鑑証明書が必ず必要となります。
なお普通車であっても、自動車リースなどで一時的に借りている車、自分が名義人とならない車の場合は資産登録が不要になり、印鑑証明書も不要です。

3.軽自動車を購入する場合


軽自動車は、普通車のように資産として扱われません。そのため資産の登録は不要で印鑑証明書も不要です。
軽自動車の場合はその分、「届出」が必要となり、軽自動車検査協会に軽自動車の届出を出す事となります。
ただしこの届出手続きの際には印鑑証明書は必要ありません。
なお軽自動車の場合であっても、購入時のローンを組む場合や売却する場合には業者に印鑑証明書を提出することがあります。

4.新車と中古車では

年間どれくらい? 中古車にかかる維持費ついて

新車であっても中古車であっても、普通車を購入する場合は資産としての登録に印鑑証明書が必要となります。
年式、車種、価格などは関係なく普通車である以上は印鑑証明書が必要です。

このように普通車を購入する場合には、必ず印鑑証明書が必要になってきまので取得しておきましょう。
また印鑑証明書は車の購入以外の場面でもなにかと使用する機会はありますので、車の購入に限らず取得しておくことをおすすめします。
  • PAGE TOP